FX比較

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お願い事・・・ ~リトルバスターズ! 感想~

リトルバスターズのレビュー&感想です。

いわゆるネタバレというやつなので、プレイ中、または今後プレイする可能性のある人は見ないでください。

忠告ではなく、禁止ですから!


Ritaさんの、「little Busters!」を聞いてみてください。


「ひとりが辛いから ふたつの手をつないだ  ふたりじゃ寂しいから 輪になって手をつないだ」


これが「リトルバスターズ!」というゲームのテーマであり、エクスタシーでの追加√を除くと、そのものともいえると思います。

「ふたり」じゃ、まだだめなんです。

二人居れば満足、あなたがいれば幸せという話も多々あります。
もちろん、二人でもあのメインヒロインは満足してくれるだろうし、一応、そういうENDもありました。


でもそれじゃ納得いかない。

まだ今を楽しみきってない。


ま、グダグダ言ってないで、ヒロイン個別に、「そうぞうした世界」での立ち位置と、√感想をやっていきますね。


・小毬
[立ち位置]
「Episode Rin」に、かなりまともにでてきたんで、おそらく、現実世界と精神がリンクしてると思われます。
ただ、男3人とちがって、下のヒロインたちが、現実世界と精神がリンクしてないのを知っているセリフがない。
それだけで、知っているか知らないかを決めてはいけないと思いますけどね。

とりあえず、謙吾や真人とも違う可能性がある、ってことです。

鈴の親友として、恭介にも優遇されたと思われますが、元祖リトバスのやつらの立ち位置にまでは、置いてくれなかった、って感じですかね。

[ストーリー]
シナリオはすごいスキ。

「絵本」の使い方とか、兄の思いとかが、あぁ気持ちいいほどKeyだなぁ、と。

加えて、ジジイの存在あり。
ENDも納得でしたし、refrainにつながるのも壮観でした。

ただ、シナリオの完成度だけ、で、中盤、面白さが無いんですよね。

小毬だってギャグにできるんだから、そういうのを使って、中だるみをふせげよ!と。
文章能力はあるんだから、もうちょっとユーザーの心を動かそうとしろよ!と。

いつものKeyのやり方で、キレイにシナリオ組み立てただけで、面白いものを作ろう、という心が感じられませんでしたね。


ほんと、声優さんは完璧なんですけどね。

refrainも入れると、この人に何回泣かされたことか・・・。



・葉留佳
[立ち位置]
Episodeと名の付くものにまともに出れない。
一周した時に記憶がリセットされる。

もし現実世界と精神がリンクしていれば、上のようなことはないと予想されるんで、基本的には普通の生徒のように現実世界と「そうぞうされた世界」の葉留佳は別物。

ただ、「そうぞうされた世界」で「リトルバスターズ」を作る時に、恭介が何かいじったのか、理樹の大切な友達の一人だったからかは分かりませんが、「そうぞうされた世界」のことがあって、現実世界の葉留佳が成長している描写があるんで、普通の生徒とも別の立ち位置ですね。

「そうぞうされた世界」を作るのを手伝ったのかもです。


[ストーリー]
キャラは大好きなんだがな。

ストーリーは・・・ゴメンだめだわ。


まず、どっかで見た設定の双子が、韓流でも底辺かと言わざるをえない展開を広げていって、最後に仲直り。
城桐央、やる気あるのかと言わざるを得ない。


そして、意味の分からない設定。

クソな子認定された葉留佳に、なぜまだ三枝を名乗らせてんの?

なんで二人が仲直りでHAPPY ENDなの?


そして、感情移入しようとしても、コイツのせいで、ムカついてしかたいないんですよ。

佳奈多・・・。


ツンデレなのは分かる。
葉留佳のため、と自分のため、というのを両方考えて、わけわかんなくなってるのも分かる。

でも、この√のコイツは殴りてぇよなぁ。


ま、実はおっぱいでっかいですよ、葉留佳さん で終わるシナリオだったと けなしておきます。

このまま、こんなのだしていったら、ダメですからね。



・唯湖
[立ち位置]
基本は、葉留佳と同じ。

でも、頭いいんで・・・と、この人の√につながります。


[ストーリー]

「理樹の恋を成就させてやろうぜ!」

こういう恭介のノリが、個別√まで続いてるのが凄いいい。

さらに、refrainの布石にもなっているといういろいろつまった、しかしそれを感じさせないという不思議な√。

ホント、意味は分かるけど、不思議な√だなぁと思います。


リンクしていないキャラで、唯一(鈴と理樹除く)世界の秘密に触れた人物であり、自分のことは一番分かっていない人物。


いいんですけど、最後の方が、閑散としすぎているかなぁと思います。


refrainの布石という役割があるせいで、魅力が出きってない感があります。

仕方ないんですが、やっぱり、もっとラブラブな所を見たかったなぁという感じですね。


ま、個別√としては十分ですよ。



・クドリャフカ
[立ち位置]
葉留佳と同じ。

[ストーリー]
前半のシナリオと、後半の演出。

それがよかった所です。

後半、親が殺された―ってところあたりから、シナリオが崩れかけた気はしましたが、演出で乗り切りましたね。


普通に良かったです。

ただ、やっぱりムリヤリ感が・・・。

ご都合主義って意味じゃなく、話を大きくさせる感じがムリヤリ。


ま、改良しようとなると、後半を大幅に変えることになりそうなんで、こんなもんで。

妥協感が煮え切れませんけどね。


前半、クドの可愛さがすごい出てただけあって、もったいない。



・美魚
[立ち位置]
葉留佳と同じ。

ただ、√で、世界の秘密を微妙にかする・・・んですが、立ち位置には関係ありませんかね。


[ストーリー]
個別√で、一番(ていうか唯一といっていいかな?)メッセージ性のある√ではあります。

ま、個別√の場合は、そういうのはあんまり関係ないですけどね。


混じることの無い自分に憧れていた美魚が、理樹と交わることにより、自分を感じる。


いい話であり、綺麗な奇跡でもあるんですが、なにか物足りない。

ま、もう一つ短歌が出てきても困りますけど。


影、という設定と、美鳥の存在を、もうちょっといかせればよかったかな。

美鳥が出てきた時に、そんなに衝撃がなかったのは、それを匂わせていたからか、それとも、この話が、読者を引き込むチカラに欠けているのか。


やっぱり、やってる時は結構面白いんだけど、終わって、考えてみると、物足りなさを感じますねぇ。



・鈴BAD (鈴 2回目)
[立ち位置]
言わずもがな、この世界のもう一人の主人公。

恭介に成長させられ、自分自身からも成長していく。


[ストーリー]
前半、2対2のバトル、コレです。

コレはよかった。

refrainやってからじゃなきゃ分からないこと、この時点で予想できることがこのシーンにつまってる。


で、後半ですが、逃亡生活がどんどんヤバくなっていく感じはいいんですが、やっぱりダルく感じますね。

ま、完全にrefrainの布石√なので、これで十分です。

BADENDだと思いますし。



ま、ここまではこの後の展開の前奏ですよ。

というわけで―――


・Refrain
これだけは、かなり大きく褒めざるを得ない。

圧倒的、というほどの素晴らしい展開。


真人エピソードでは、同じセリフが全然違う意味という楽しさ、
謙吾エピソードでは、謙吾の父を倒した理由、という直接は話に関係しないところにも面白さがあります。

ただ、恭介エピソードに、必要だろ、と思ったセリフが一つ。

「恭介、君の力が必要なんだ」

正直、ちょっと意味がずれますけどね。
でもこの言葉を入れることで、オレの鳥肌が増えることは確かだと思う。

再結成という意味で、こういうつながりがあってもいいと思うんだけどな。


そして、3人との別れ。

真人、謙吾の清清しい顔に号泣。

そして恭介・・・反則だろ!!! さすがに!!!


それから、オレが1番好きなセリフが、これ。

「お願い事・・・ひとつ・・・」

セリフにこめられた思い、そしてまき いづみさんの神声。

思い出すだけで、・・・もうダメです。


そしてオーラスパート。

ここでも、恭介。

ガソリンを止めてる恭介、それだけで感動。


最後。

恭介が戻って来て、オレたちの修学旅行へ!!


何が良かったって、最後まで、恭介のポジションが理樹に奪われなかった。

でも、恭介だって、誰かが居なきゃだめなんだ。


ここで、一番上で言った、テーマの輪に繋がるわけです。



・・・とここまで書いてきて分かると思いますが、個別√は「妥協」レベルなんですね。

そして、このRefrainですが、ストーリーとしては、ここまで褒められるできでした。

本当に面白かったですし。


ただ、メッセージ性がどうも。

あれ、「キモヲタども、青春はいいぞ」って言う意味にしかとれない。


メッセージ性なんて、ストーリーにはさして関係ない、って言う人は、かなりいい作品になっているとは思います。

けど、Keyでのだーまえ最後の作品とか、Keyの転機となるものだ、とか考えると、これでいいのか、と思える作品ではある。

個別√が行き届いてないのも、どうもね。


あと、音楽。
いい意味か、悪い意味かは分かりませんが、BGMが、ちゃんとバックでした。

音楽で無理やり泣かす、というのをやめたのか、チカラが入りきらなかったのかは分かりませんが。


そういうわけで、キレイにまとまりきりませんが、オレにとって、リトルバスターズ!はこういう作品でした。

久しぶりにこんな量書いたぞ。



でわでわ~
アデュー!

2008/08/25(月) | ゲーム感想 | トラックバック(0) | コメント(2)

Powered By 我RSS
«  |  HOME  |  »

ぽむぽむ

『』

おーけーおーけー refrainまでは内容全部把握できたんだが
その後の√に理解苦しむのは俺だけか? 俺の頭が悪いのか?

2008/08/25(月) 23:30:02 | URL | [ 編集]

星野

『』

HシーンのBGMは酷いけどな!!!

俺は葉留佳√と佳奈多√を
ひぐらしでいう綿流し編と目明し編みたいにして欲しかった。

2008/08/25(月) 23:23:50 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://1271217.blog97.fc2.com/tb.php/385-d6a9f37c
 |  HOME  | 
                     

すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 恋と選挙とチョコレート 応援バナー 800x300px spr001bn051

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。